SPAプラットフォーム構築支援

SPA事業を行うためには様々な業務が必要になってきます。SPAプラットフォーム構築支援では、SPA事業に必要となるそれぞれの業務のやり方、評価の方法などを標準化することで属人的になりがちなブランドビジネスを「見えて」「測れて」「手が打てる」ように仕組み化します。

生産業務/商品企画開発/MD業務/店舗MD・業務VMD/DB(配分)業務/出店/店舗内装/プロモーション/店舗運営

MDプラットフォーム

業務精度向上、成果達成のための組織提案、各組織における業務内容、重点管理指標の設定支援を行います。
さらに現場への実務的なアドバイスも行います。

MDプラットフォーム
  • 実施する業務:各セクションのミッションならびに指標の設定と、各業務の精度向上のためのOJT支援を行います。
  • 期待される効果 : 安定的な成長性・収益性を達成する仕組みを活用し、新たな事業展開を可能にします。

SPAを支える仕組み 1

経営から現場まですべての業務に対して仮説・検証・修正の業務を重視し、仕組みとしてのPDCA(週・月・シーズン・年間)によるマネジメント体制の構築と定着化を支援します。

PDCA(仮説・検証・修正)におけるマネジメントサイクル
  • 実施する業務:指標・ツール・ノウハウの提案と、OJT的に週次コンサル(誰が・いつ・どのように)を行います。
  • 期待される効果 : 週次単品データをもとにした業務により週次戦略の立案と修正の精度が向上します。(週次分析から商品開発へ)

SPAを支える仕組み 2

計画・修正サイクルによる業務精度の向上により、QR体制を活用したマーケットイン型の魅力ある商品開発・展開体制の構築を支援します。

初期計画:前年データをもとにしたMD計画→計画実施:ランキング発注/初回製品発注/初回原料発生→計画修正:前項(1)の週次単価PDCSにもとづいた設計修正
PRIME PIECE